べあばれいfrom

bear0810.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 30日

Et036 熊谷弁番外編。篠田勝夫著"埼玉のことば県北版"の紹介です。

方言の豊富、多彩さは文化の高さ。と考え、熊谷弁❶熊谷弁❷熊谷弁❸熊谷弁❹私なりに紹介してまいりました。話しながら聞いた言葉をメモり、標準語との比較や使用例をグラフにしてきましたが、同じ熊谷でも旧町内と石原、その周りでは言葉の違いが大きく果ては我が家だけ?もあり、行き詰まっていました。
ところが、お客様として熊谷弁の著書で有名な篠田勝夫さんにご来店いただきました。そして先日欲しかった氏の著書で"埼玉のことば県北版"をわざわざ届けていただきました!
早速本を開いてびっくり!細かな文字がビッシリこんなにあったのか〜。知らない言葉の方が多い〜。脱帽です〜。
氏の出版社"編集l'ami(ラミ)"では自費出版のご相談、お手伝いを受付中です。熊谷市立図書館から篠田氏著"熊谷地方の方言"も出版されているのでぜひ拝読したい。
f0193643_13251621.jpg

[PR]

by bearvalley08 | 2012-03-30 13:26 | Etその他 | Comments(1)
Commented by にじ at 2012-03-31 18:56 x
昨日はおさわがせしました。いつも元気をいただき、ありがとうございます。
この本のイラストもわたしは好きです。小さいけど、よーくみてると、空想がふくらみます。お父さんやお母さん達との思い出が込められているそうです。よそ者のわたしには、実に興味深かったです。例文なども豊富で、さすが、児童文学者。わかりやすいですよね。
市立図書館でも手に取れます。
実際に土に生きている人は、大きいなあと、いつも思います。


<< Be047 いよいよ4月!べあ...      Os037 何とも居心地の良い... >>