べあばれいfrom

bear0810.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 29日

Be023 今年もあとわずか。年末年始、べあばれいは例年通り元旦営業します。

あっという間の一年でした。お客様やお取引いただいた各位には本当にお世話になりました。
べあばれいは、相変わらず水曜だけ定休、元旦は前後1時間づつ短縮になりますが、営業いたします。
秋からスタートした、好評いただいておりますギフトセット年賀にご利用ください。暮れだけでなく新年になってからでもOKです。
BEST SELECTION COFFEE GIFT
f0193643_2022539.gif

[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-29 20:14 | Beべあばれい | Comments(1)
2009年 12月 27日

Ar018 いつもの年より、本を読む時間が少なかった。

お客様が少ないとき、本を読んだり、ネット関連の購読やブログアップに時間を費やします。
当然、忙しいと仕事優先!当たり前ですよね~。でもそれならば良いんですが、私事に時間を費やし、ブログも中断したりし、当然本に触れる時間も減ってしまいました。そんな中でも、興味持った作家さんを3人ばかし重点的に読みました。
   ①森村誠一・・・・いわずと知れた地元熊谷を代表する作家。でも私は読んでいませんでした。**川が映画とタイアップさせて大々的に売り出したのが嫌で(何の意味もありませんが)、なんてくだらない理由です。お客様から色々お聞きし、その「人間の証明」を読みました。何で今まで読まなかったか、大反省!
緻密に取材し組み立てられ、その中に戦後の問題や親子だからこその苦しさが背景があったりと労作。次に「悪魔の飽食」日本軍七三一部隊。細菌戦に際しての人体実験やその行動を克明に記した文学というより告発の書。熊谷という戦災に遭った地に生まれ育った氏ならではと思う。その他ミステリーや時代小説まで守備範囲は広く楽しみ。
   ②森博嗣・・・・・・昨夏観たアニメの原作者ということで数冊読んだ。肝心の「スカイクロラ」はまだだが、ミステリー物を数冊。しゃれたセンスが持ち味、理系の氏だけにトリックも凝っていて楽しい。
   ③宮部みゆき・・時代物でお化けが良く出る。怖いとか、ゲテモノ趣味じゃあないんですよ。あったかいムードが漂うまったく新しいジャンルだと思う。今、読売新聞朝刊に連載の「三島屋変調百物語事続」南伸坊のイラストとの相性も良く、毎朝の楽しみ。オムニバス形式なので今からでも楽しめます。
f0193643_17331720.jpg

[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-27 17:33 | Ar本・映画・など | Comments(1)
2009年 12月 25日

Ar017 さて、今年の洋画(日本映画以外)ですが見損なった作品の多かったこと、小品をもっと観るチャンスが…

全般的にウエイトは日本映画にあり、ハリウッドをはじめ洋画は苦戦って感じ。
そんな中に佳作が…観客動員を考えたらちょっとーと思う良品が多い。文化の違いかな?
    ●マルタのやさしい刺繍/ベティナ・オベルリ
ご主人を亡くされた老婦人が、若いころからの夢手づくりのランジェリーショップをスイスの田舎町で開く。封建的な土地柄からいかがわしい店ってことで、みんなから反対されるが、仲間の協力ややネット販売の成功で徐々に認められていく…
歯を食いしばっての一生懸命さなんてありません、反対する人々も悪人はいません。ばあちゃんが可愛いんです。もっとも、チロル風の胸元の開いた衣装から見えるしわだらけの下着のような…は目を覆いましたが!
    ●グラン・トリノ/クリント・イーストウッド
テレビドラマ「ローハイド」の若者、「マカロニウエスタン」のガンマンそんなかっこいい役者がこんな深い作品の監督主演!感服しました!アメリカンスピリッツ一辺倒な頑固じいさんと認めたくないアジアの小民族との関わりの変化、その締めくくり。題名の古めかしいアメ車グラントリノの素晴らしさ。保守的なアメリカ人を少し理解できた。イーストウッドさんこれが主演最後なんて言わないでください。
    ●ココ・シャネル/クリスチャン・デゥゲイ
ややこしい事に今年、ココ・アバン・シャネル(観ていない)が大々的に公開された。予告は両方観てなんかおかしい・・・違う!こちらは、シャーリーマックレーンが晩年のシャネルを演じ、子供のころから振り返るって形。
あまり抑揚をつけない演技、でも迫力は凄かった。両方見ようかとも思ったが、これだけで満足。後で分かったがキューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」主役マルカム・マクダウエルがでていた。下のP左なつかしいというよりその他では「IF」しか知らないんでつい…
    ●愛を読むひと/スティーブン・ダルドリー  私のブログ紹介
    ●私の中のあなた/ニック・カサヴェティス 私のブログ紹介
    ●12人の怒れる男/ニキータ・ミハイルコフ  私のブログ紹介
ですが、期待をこめて今年のワーストワン行っちゃいます。
    ★グッド・バッド・ウィアード/キム・ジウン
派手なアクション、韓国人気の俳優3人、原作マカロニウエスタンの「続夕陽のガンマン」とくれば期待しちゃうのは当然。ところが最低!!最初から最後まで息つく暇も無いんで返って眠くなっちゃった。弟や子供たちどうなったのか分からず。サービス精神旺盛なのは良いが、起承転結あってアクションが生きるんじゃないかな。
f0193643_20263631.gif

[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-25 20:28 | Ar本・映画・など | Comments(1)
2009年 12月 23日

Ne023 もっと素敵なXmasになるのかと期待をしていたんですが…

COP15とか言う地球温暖化対策の会議。なんとも情けない!!自国の利害ばっかり言いたい放題。
太平洋の島なんか無くなってしまって良いのか!?
次!鹿児島県の市長、何を言ってるんだ!弱肉強食、具合の悪い物は切り捨て、お前は人間じゃないのか!!助け合いとか弱者のことが考えられないってことは、動物や植物と同じってことだよ。
地球上でほとんどのものが人間の管理下にある以上、しかも、このままだとどんなことになるか分かっていて、その対策が出来ない。ごまかしの合意案なんて出すな、時間の無駄です。問題山積の日本だけれど一番まともな削減案に見えた!
言っても分かんないだろうけれど、鹿児島県の市長、人間が競争(戦争)によって、少しでも広い土地、少しでも快適な暮らしを追い続けた結果地球は危ない状態にあるんだよ。そのくらい分かるよね!完璧な人なんていないって。世界のトップが集まったCOPの結果見ても分かるだろう。精神的でも肉体でも欠点があっても素晴らしい体力があったり、知識があったりするだろう。ある一部の欠点で差別するのはやめよう。
それから、オバマさんちょっとテンションが落ちてきたと思うよ、ノーベル賞は自国では重すぎるのかな?期待しているんだけれども…
ってわけで、世界の生き物みんなが幸せになれるように Merry X'mas
f0193643_187364.gif

[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-23 18:11 | Ne情報 | Comments(2)
2009年 12月 21日

Ar016 いよいよ暮れ、今年の邦画は良い作品に恵まれました

時間が無い、無いと言っておきながら映画館通い。全体に素晴らしい作品に出会え満足しています。
今日は日本映画の総括(ちょっと大袈裟)です。
公開時は今年以前のも含まれますが、私が今年見たって事で。紹介した作品についてはリンクでご覧ください。
   ●闇の子供たち/坂本順治  私のブログ紹介
映画云々ではなく、幼児売春や臓器売買など想像を絶する世界に戦慄を覚え、自分の生き方の方向性を変えてくれた忘れられない作品。
   ●ホッタラケの島/佐藤信介
この夏二本のアニメを観、最初のが良かったので紹介。次にこれ。はっきり言ってこっちの方が…ファンタジーな現代日本版オズの魔法使いですが、創造性豊かな背景はまたぜひ観たいし、こんな力が日本人にあったのかと感心。人物は3Dのため、妙になまめかしいと感じたのは、おじさん的見方?かな
   ●トウキョウソナタ/黒沢清  私のブログ紹介
音楽と、小泉今日子が素晴らしい。香川照之も抑えた演技でさすが。映画監督って何が仕事?って考えることがあるが、脚本を素にストーリーやカメラのリズム感、役者の演技を引き出し、効果音(音楽)の使い方を適切に使い全体を仕上げるんかな~と思った。へんな言い方だがプロの仕事。
   ●サマーウオーズ/細田守  私のブログ紹介
   ●ディアドクター/西川美和  私のブログ紹介
   ●SRサイタマノラッパー/入江悠  私のブログ紹介
f0193643_1622941.gif

[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-21 16:04 | Ar本・映画・など | Comments(2)
2009年 12月 14日

Me006 おたふくソースだけじゃない!ふらい(お好み焼き)にバリエーションを…

実は、ふらい(お好み焼き)のようなもの良く作ります。広島焼きだってフライパン2個でじゃんじゃんやっちゃいます。でも、お好み焼きやさんには行きません。自分で作るんだったら、家のほうがいいよー!
って訳で、そーすに凝ったふらい(熊谷行田流表現に統一します)。
①ベース
 ・今回のベースは小口切り葱が小麦粉に入っています。多少の塩とマヨネーズも!
  具は、レンジした里芋(厚さ約7~8mm)と、葱と豚挽き肉を少量の醤油、砂糖で軽く煮た物。
 ・余計に何枚か焼いておきます。具が足りなくなっても残り物で焼き、冷蔵か、長期保存の冷凍で余分を保存
②ソース
 ・初めはおたふくソース、青海苔、紅しょう、鰹節削り粉でオーソドッククスに。和風
 ・2回目はベースをレンジした周りにトマトの輪切りを5~6枚(大半分)適当にケチャップし真ん中に溶けるスライスチーズを乗せ、再びチーズが溶けるまでレンジ…写真は無いが一番綺麗だった。イタリアン
 ・3回目、酢、砂糖、酒、醤油を入れた鍋にスライスした椎茸を入れ、煮立ったら水溶き片栗粉でとろみ、仕上げにごま油。自家製梅酢しょうがを添えて。中華
*ベースに残りご飯入れたり、にんじんの摩り下ろしたものや長芋でふわっとさせたり、シーフードミックスなど海鮮も。ソースも残りのカレーや野菜炒めを乗っけちゃうてのも。ようはアレンジしだい。
f0193643_1774527.jpg

[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-14 17:09 | Meてきとうmenu | Comments(1)
2009年 12月 09日

Ar015 古い映画が好きな方こんな見方が…/溝口健二・残菊物語

戦前戦後の邦画には、名作といわれているがビデオなどで観るとかなりが悪い。(はっきり見えない聞こえない)
同じ戦前でも「風とともに去りぬ」などはカラーで音質も良い。
でも、邦画は画質や音質は悪くも素晴らしいものがある。先日来U-TUBEで溝口健二の「西鶴一代女」を検索してみた。英語の字幕版で「お春の人生…」という意味の14パートに分かれ各10分程度のfullバージョンがあるではないか!でも、やっぱり何を言っているのか分からない。ところがである…英文の字幕スーパーが意外と穴埋めをしてくれるではないか!・・・私の英語力は相当ひどいレベル…でもわかる。
そのあと、「山椒太夫」「残菊物語」観ることができた。特に残菊物語はすばらしかった。役者の役とはいえ花柳章太郎の立ち居振る舞い所作が素晴らしい。戦前の傑作発見!って気持ちです。
西鶴一代女
山椒太夫
残菊物語
f0193643_22364964.jpg
残菊物語
[PR]

by bearvalley08 | 2009-12-09 22:38 | Ar本・映画・など | Comments(5)