べあばれいfrom

bear0810.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 30日

Et036 熊谷弁番外編。篠田勝夫著"埼玉のことば県北版"の紹介です。

方言の豊富、多彩さは文化の高さ。と考え、熊谷弁❶熊谷弁❷熊谷弁❸熊谷弁❹私なりに紹介してまいりました。話しながら聞いた言葉をメモり、標準語との比較や使用例をグラフにしてきましたが、同じ熊谷でも旧町内と石原、その周りでは言葉の違いが大きく果ては我が家だけ?もあり、行き詰まっていました。
ところが、お客様として熊谷弁の著書で有名な篠田勝夫さんにご来店いただきました。そして先日欲しかった氏の著書で"埼玉のことば県北版"をわざわざ届けていただきました!
早速本を開いてびっくり!細かな文字がビッシリこんなにあったのか〜。知らない言葉の方が多い〜。脱帽です〜。
氏の出版社"編集l'ami(ラミ)"では自費出版のご相談、お手伝いを受付中です。熊谷市立図書館から篠田氏著"熊谷地方の方言"も出版されているのでぜひ拝読したい。
f0193643_13251621.jpg

[PR]

by bearvalley08 | 2012-03-30 13:26 | Etその他 | Comments(1)
2012年 03月 26日

Os037 何とも居心地の良い古本屋さん。深谷にまた新しいスポット"円の庭"…ただし寒い!

こんな施設、残念ながら熊谷には無い…私も一市民として行政に頼っている事もあり恥ずかしい。
すべては深谷シネマの旧七ツ梅酒造へ改築移転から始まった。毎回マニアックな作品も含め素晴らしい映画を観せていただいている。それに先日ご紹介したててて亭さんやベーグの店そして今度は"円の庭"という古本屋さん。新刊や非売品のコーナーもある。決して広いとは言えないスペースで、ほんの数も多くはない。コミックや、DVD中心の古本屋を想像しては、期待はずれ。
この日、映画の開演時間も迫っていたのでざっと収集本を見て驚いた欲しい本が多いのだ!一般の書店ではお目にかかれない美術書で有名な(実は知らなかった…)求龍堂の新刊がそろっている。おかげで予定外の出費…
季節も良くなり、寒さも峠を越えたこれからは散歩がてらにお出かけを、ユニークな店主との会話もおすすめです。
円の庭
f0193643_20445536.jpg
ゆっくり本を読むスペースが!大きな円いテーブルと円いディスプレーは酒の仕込み樽のふた!
f0193643_20493552.jpg
入り口にある"まち遺し深谷"の看板!「潰し」と勘違いしていた。ゴメンナサイ。
[PR]

by bearvalley08 | 2012-03-26 20:56 | Osおすすめ処 | Comments(4)
2012年 03月 21日

Ar036 40年ぶりの興奮!いちご白書…迷ったんですが、観て良かった。

ちょうど学園紛争のまっ只中に公開、当時とあまりに違う時代、環境。そして、それより40歳年を重ね…。以前紹介した50年の名作なんですが、色あせない素晴らしさでしたが、長かった為かちょっとだれてみえた。最近の映画のテンポ良さになれた為だと思いますが、ちょっと心配でした。
ところが、「いちご白書」は新しいんですね。ファッションや、機械などはやはり古い。そんな事問題じゃなく切れが良い。ご覧になっていない方も多いと思いますが、最後は心臓がバクバク、手は汗びっしょりに。当時何回も観たんでストーリーは知ってるんですが…
いちご白書 深谷シネマで24日(土、上映時間注意)まで、昔感動した方是非。
f0193643_209451.jpg
f0193643_20102328.jpg

f0193643_20114814.jpg最近、古い映画ばっかりです。

昭和残侠伝シリーズ唐獅子牡丹
やはり、いちご白書と同時代です。良く観ました。池袋で朝まで5本だて!!高倉健以外は誰が何の役だかゴチャゴチャなっちゃって…
今観ても十分楽しめます。大正から昭和初めの設定が良い。全体的に、様式美を感じますね。 





バグダッドカフェ
仕事の関係でまったく映画を見ていなかった頃1987年製作。ミニシアター系で話題になり、主題歌の「コーリングユー」が有名。
太ったドイツ女がまさかの主役!マジックでそんなに〜はあったが、この女性が素敵に見えてくる。黒人のカフェの女主人もなかなか。
f0193643_20131998.jpg

[PR]

by bearvalley08 | 2012-03-21 17:22 | Ar本・映画・など | Comments(0)
2012年 03月 19日

Qu032 またさぼっちゃった!恒例クイズからblog再開だ〜

今回の史跡はご存じない方が多いのでは…ってな事で超難問!!!
昨年の大震災の影響で公開が今秋に遅れた"のぼうの城"。その忍領地の南?が、ここまでと彫られた石標。忍城から西約9km、熊谷市石原と新島の境にあり、その勢力の大きさが分かる。
熊谷市HP ここですが史跡名無し

**◯◯の場所を答えてください
問題/ ****です。漢字4文字。読みは全10です。
ヒント/下写真看板を注目(読めるかな〜)
特典/ 店にご来店いただき、最初にお答えください。初めは"ニン…"ではないぞ〜
    *特典が変わりました。
    ブログ購読のお客様だけのサービスです。店内のご案内はありません
    高級コーヒー豆ドミニカバラオナ100gあたり600円につき100円の金券プレゼント!(500gまで1回のみ有効)
    喫茶/一杯500円のところ100円の金券プレゼント(一人様1回のみ同時ご来店計3名様有効)
    先着累計20名様限り
    その他のサービスと併用は出来ません。カードは規定に沿って押捺いたします。
期間/ 3月20日(火祝)~4月2日(火)の正味13日間
お断り/次回は中止かサービス内容が変更になる場合があります。
f0193643_2163937.jpg
f0193643_217442.jpg

*前回の答え/熊谷税務署でした。
[PR]

by bearvalley08 | 2012-03-19 21:08 | Qu!クイズ!! | Comments(0)
2012年 03月 01日

Ar035 ヒミズ…何て言ったら良いか、兎に角園子温監督は凄い…

今年のキネマ旬報ベストテン、日本映画監督賞に園子温、助演男優賞にでんでん。同じ映画賞でも、他は、営業的にプラスαを見込みマスコミや関係者の投票により選ばれる賞が多い。
純粋に良い作品といえるのはキネ旬だけ。映画は「冷たい熱帯魚」残酷で悪趣味な描写が多く、とても誰にもお勧め出来る作品ではない。でも、最近では最高の作品だと思った。同じく作品賞は原田芳雄の遺作「大鹿村騒動記」これもさすがキネ旬と言いたくなった。
本筋に戻る、これでも園子温にしてはソフトタッチらしいが十分にエネルギッシュで、エロでグロ!
問題は東日本大震災の扱い。説明はほとんどない。圧倒的な瓦礫の山!ただ佇む出演者。説明無しだがそれでも胸を打つ。したたかにうごめく人間を描いて来た監督だが根底には人に対する優しさがあると感じた。
ヴェネチア映画祭新人賞受賞の主人公二人、園組常連の渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、黒沢あすか、そして、でんでん。それぞれの毒のある個性は相変わらず。あまり公開していないので、勇気ある方は是非。
熊谷シネティアラ(近隣ではここだけ)
ヒミズ
f0193643_21453374.jpg

[PR]

by bearvalley08 | 2012-03-01 21:48 | Ar本・映画・など | Comments(0)